FC2ブログ

恥ずかしいもの大後悔

sakana
05 /28 2013
とりあえず、言い出しっぺらしく自分の文芸フォルダの中身大公開しようと思ったんですが、18禁的描写があるものはどうしましょう?とりあえず省いときますが。サド侯爵の作品も全年齢が読めますしそんなに気にしなくてもいいとは思うんですが。

https://drive.google.com/?authuser=0#folders/0Bys3fC7jhF5pQ18xaE8xODhkV0k

googleアカウントないと見れないと思います。文章一つごとにアドレス書くのは難儀なのでない人はアカウント取得して下さい。
(部誌収録)と「最大幸福」以外はメモ、設定書きレベルです。最大幸福にしても千字程度ですが。
それからコメントも残せます。
「コピー」となってるのは、コピーしたからです。そのまま公開するとアカウント名がバレてしまってよろしくないので。
スポンサーサイト



作品開陳

sakana
05 /25 2013
昔、部誌のネット公開についての話がありました。どういう結論になったのかは覚えていないですが、現在そのようなことはしていないということはそういうことなのでしょう。

しかし、ここのブログに創作的な何かを書くのは、不便だと思います。創作的な何かというのは、詩やらアーティスティック写真やら絵画やらのことを指しています。

部の google アカウントがあるので googledoc を使うのはどうでしょう。編集も、公開、非公開、部分公開の切り替えも楽ですし。
下書きも公開すれば、プレッシャーで早く書き上がるかも。

レイアウトとか細かくいじるのは難しいと思うので、「作品発表」の場としてはふさわしくないと思いますが、部員同士でやりとりする分には便利でしょう。

では作品発表には何がいいかというと tumblr でしょう!
つい先日 yahoo に11億ドルで買収されたので聞いたことある人も多いと思います。
手軽に綺麗なブログが作れるので、一番良いと思います。
創作系のtumblrブログをいくつか挙げようと思いましたが面倒になってきたので各自調べて下さい。

コンプリーティッド・ミッション

中村春日
05 /17 2013

中村です。
本日をもちましてわたしは「学生団体更新届」「サークル棟使用許可願」を無事に提出しました。
よかったよかった。



前部長sakana氏が、このブログで説いてくれた書類提出の重要性。
その「本当にあった文芸部の怖い話」を読んで、背筋が凍りました。
実はわたし、3度ほど自分の用事の書類提出締切を破っているのですね。
いわゆる前科者です。

でも、今回の書類はさぼることなくさくさく出しました。
ある意味自分のことより大事ですもの。



さて、そこから活動の話にこじつける。

最近、文芸部現役メンバーの毎週昼休みの活動として「小説を書きたい人ゼミ」をはじめました。
中村さんを進行役に、みんなでほぼゼロから小説の書き方を模索する会。

でもって形から入る中村さんは、活動する度にそのときのキーワードをホワイトボードに書きつけています。
記念すべき初回、5/8の文芸部「書く(という)ことを決めたときから君は書ける」
精神論ではないけれども、やってみようとすることがいちばん大切なんじゃないかしらと、そういうスタンスです。

例えば書類も、提出しようと思えれば提出できるように。
逆を言えば、提出しようと思えなければ提出できない。

書きたいという気持ちを大切にする取組がスタートです。

文芸部の幅の広さを見せる自己紹介

musico
05 /10 2013
はじめまして、新キャラ登場です。
先のsakanaさんの記事にちらりと登場した、音楽系文芸部員です。
では、自己紹介を。

ペンネーム:musico(いま決めました)―ニコニコ動画に投稿している名前でもよかったのですが、まあフィーリングです。
活動歴:大学入学1年目でひまじんに入部。部室のソファでの睡眠が主な活動であったが、そのうち来なくなる。その後、数年経ってある日ぶらりと戻ってきた。部誌に寄稿したのは今年が初めて。OBです。
文芸部的要素:森博嗣、村上春樹、筒井康隆なんかが好き。今日買ってきた本は森博嗣の新書「『やりがいのある仕事』という幻想」。部員の失笑が聞こえてきそうだ。

そして、sakanaさんの呼びかけに、ここぞとばかりに新曲を投稿しましたので、宣伝します。
初音ミク-So Called Euphoria
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20827458
ニコニコ動画の試聴には無料アカウントの作成が必要です。

あまり文芸部の幅の広さを見せられなかった感を抱きつつ、今日はこれにて!

RSSリーダーでブログ監視社会

sakana
05 /09 2013
今日はあんまり文芸的でない話です。

皆さんは好きなブログを閲覧するのに何を使っていますか。色々方法はありますがブックマークを使うのが一般的なようですね。

しかし、自分のように特に用がない限りPCに向かい合っている人間はチェックしたいブログが数百ほどあったりします。
気が向いた時にだけ気になるブログを閲覧するにしても、単純にブックマークを使うのは不便です。
そこで使うのがRSSリーダー。ブログにかぎらず頻繁に更新されるサイトでは広くRSSフィード(更新情報)が提供されています。そのフィードをRSSリーダーに登録すれば、更新された未読記事を簡単にチェックできるというわけです。

使い方の例を示します。
自分は現在576のサイトを登録しています。大半は検索用のtumblrブログで基本的に読まないです。「検索用」については後述します。
その内残りは「ニュース」や「本」のように分類してあります。
参考
http://blog-imgs-61.fc2.com/h/a/n/handaigaikokubungei/2013050921565465b.png
上の画像の例だと、受信箱フォルダを選択すればその中の314件の未読記事を一気に読めますし、個々のブログを選択して読むこともできます。面倒になってきたので詳しくは適当に検索して下さい。

検索について:広いネットの海から検索するのと自分が興味を持つサイトのみから検索するのとでは精度が大違いです。そういう意味でも気になったサイトはどんどん登録してRSSリーダーでの検索を活用するのもいいんじゃないでしょうか。
自分はtumblrの検索があんまり役に立たなかったので(今は違うと思います)tumblrでフォローした人のブログはRSSリーダーに登録するようにしてます。もっとも途中からそうし始めたので登録は不完全ですが。tumblrでフォローしてる人は1000人ほどですが、登録してるのは200ほど。

RSSフィードを提供してないサイトはWWWC使ってます。2003年のソフトですが、広告の更新を感知しない用フィルターを頑張って作成した思い入れのあるソフトなので未だに現役です。

今までRSSリーダーはgooglereaderを使っていたんですが、近いうちにサービス終了するとのことで、昨日今日とでfeedlyに移行しました。上の画像もfeedlyのものです。
備忘録的な、移行のアレコレを書こうと思ったんですが、あまり価値がないような気がしてきたのでRSSリーダーというものの紹介に留めました。

SF紹介はまた今度にします。多分「すばらしい新世界」か「ニンジャスレイヤー」。

ディストピア・パラノイア・1984年

sakana
05 /08 2013
―Happiness is Mandatory. Citizen,are you happy?

先だっての顔合わせ会で、SF研究会では今ディストピア特集誌を作っているということを話しました。そして銀杏祭で行われた「1984年」(何故かみんなイチキューハチヨンと発音していた)読書会の資料を広げ、SF研究会での読書会の様子を伝えました。
その時部長(中村春日)に教えてもらったのがこちら


TRPGのパラノイアをモチーフにしたとのこと。(ちなみにSF研でプレイできるようですよ!)
部長は歌詞や転調に不満があるようでした。
自分もちょっとストレート過ぎるかなと思いました。もっと「欺瞞!」と言えるようなのが良かったです。自分の好みに過ぎませんが。転調とかそういう音楽的なことはよくわからないです。

関連して、部員が作っているボカロ曲のリストを貼っておきます。掲示板から行けますが一応。
http://www.nicovideo.jp/mylist/34013779
新作作ったらここで宣伝して下さいよ。(呼びかけ)

続きまして、SF紹介。
1984年:お馴染みディストピアものの開祖的存在。村上春樹の1Q84の影響で日本でも知名度が出てきた(じゃないかな)。物語としての面白さはそこそこですが(動物農場の方が面白いとの声が多かったです)、作中の社会システムは非常に面白いです。
また、英語世界に与えた影響も大きく、「ビッグブラザー」「101号室」「思想警察」などの作中の造語は一般的英語語彙になりました。
特にビッグブラザーはUSATODAYの影響力のある人物・フィクション編にてサンタクロースやアーサー王を抑えて2位につけています。ちなみに1位はマルボロマン。知らんなあ。
1984年の最初の方に、BIG BROTHER IS WATCHING YOUというキャプションと共に巨大なビッグブラザーの顔が描かれているポスターが出てきます。さらに、こちらがどう動いてもその顔の目はずっと追いかけてくるように描かれています。(参考
「ドラえもん のび太の宇宙小戦争」でも似たようなものが出てくるので今調べたら、連載開始が1984年でした。これもF先生の遊び心でしょうか。

実際、「目」のポスターというのは防犯効果がかなり高いようです。
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2313887/Bike-thefts-slashed-50-University-scientists-install-picture-pair-EYES-cycle-racks.html

続きを読む

顔合わせ、面通し

sakana
05 /06 2013
本日文芸部にて、顔合わせお茶会が開催されました。部長が天竺より持ち帰りし茶を飲みつつ、新入部員と信仰を深めたわけであります。深まった。

話題に出たは読書会。部長は言いました。
「ビブリオバトル的に本を勧める会にしてはどうであろうか」
尤もです。感想をやり取りするのは、その後でいいですね。そう、個人的かつ自然発生的なもので。
文章で本の紹介は経験有りますが、複数人相手にしての対面紹介は未経験です。
それはそれとしてこの場での本紹介も続けたいと思いますが。
他の人も本紹介とかしよう。海外SF以外はほとんど知らないのでよろしく。

プロフィール的なのを作る案もありました。ここのような公開の場に置く必要性はないかな?勧誘に役立つような気もしますが。
一応自分のプロフィールっぽいのを書いておきます。参考にして下さい。

ペンネーム:sakana(SF研でも使用)
氏素性:京都生まれの京都育ちだが本籍地は最近まで東京であった。東京に行ったことは多分ない。
本棚にある本:スティーブン・キングと海外SF、それと京極夏彦。活字本より漫画のほうが多いと思う。
よく読むのは海外SF。あとは仏教とかゾロアスター教とかの本。そして……ニンジャスレイヤー!
特色:特色ある人はここになんか書いといたらいいんじゃないですか。小麦アレルギーとか。

かっこいいタイトル、そして絶望期の終り

sakana
05 /06 2013
世界樹の迷宮ノベライズのタイトルを眺め、思いました。SFタイトルのパロディが多いのはやっぱりかっこいいからだよな……

一例
http://www15.atwiki.jp/sekaiju_maze/pages/40.html
多少こじつけっぽいのもありますが、SFパロディがたくさんありますね。
こういうパロディで一番有名なのは「世界の中心で愛を叫んだけもの」でしょう。
TV版エヴァ最終話は「世界の中心でアイを叫んだケモノ」。恋するソクラテスは「世界の中心で、愛をさけぶ」。

昔本屋で「愛をさけぶ」と「けもの」が並べて売ってあるのを見ました。書店員の親切というより間違って買わせてやろうという悪意を感じました。タイタニックを借りようとしてパイパニックを借りてしまっても笑い話になりますが、恋愛小説を買おうとして難解なスペキュレイティブ・フィクションを買ってしまうと心に傷を残すことになります。SF人口を減らそうという企みといっても過言ではない。

上のurlに載っていないので自分が好きなタイトルは「人間の手がまだ触れない」などがあります。作品自体はぼちぼちですが。

昔の話です。「絶望期の終り」という作品を見つけました。タイトルが名作SF「幼年期の終り」のパロディであることはすぐ分かりました。特に高くもなかったのでなんとなく購入しました。結構徹底してまして、各話タイトルも
ソラリスの陽のもとに→絶望の陽のもとに
地球の長い午後→絶望の長い午後
というようになっています。
内容は子供も妻も居ない38才絶望男性が、いろんな少女に「人間のクズ、死ね」と言われ自殺しようとしたりやっぱりやめたり靖国神社に行ったりするような話です。一話完結型なので後書きを読むまで気づかなかったんですが、この本は「晴れた日に絶望が見える」という本の続編のようです。
上述の「影男シリーズ」の他にも、天国(バルハラ)にいるヒトラー・ユーゲント処女団(ドイツ女子同盟のことでしょう)の少女が日本の現状を危ぶんで書いた、「大和民族よ、立ち上がり邪悪な勢力と闘え!」という内容の手紙…… の体裁をとった作品など、いくつかの作品が収録されています。
作者の「あびゅうきょ」さんのサイト
http://www.ne.jp/asahi/abyu/abe/
作者は18禁同人誌を出しているようなので、サイト内を移動するときは気をつけて下さい。

関係ないですけど、世界樹の迷宮3のダメージ計算表を作りました。

リンク
https://docs.google.com/spreadsheet/ccc?key=0ArVbAtLchcDzdEJJS1BrcEJscVFHczlKLXZCU2NPNkE#gid=0
この程度、文系とか関係なしに綺麗にできないとだめなんでしょうが、なかなか……
関数、調べられるといってもある程度知らなければねえ。テキスト検索周りでグルグルしましたよ。

追記:下の記事見て気づいたんですけど、これからは署名があったほうがいいですね
by sakana

今明かされる文芸部ブログの真実

中村春日
05 /05 2013
はじめまして。
文芸クラブHIMAJIN部長、中村と申します。
三度の飯と同じくらいにはゲームがすきなゲーセンっ子です。

なんで今になってのこのこと部長が出てきたのかというと。
そもそも今まで書いてた人は誰だったのかというと。

「今時サークルのことを知りたければまずはネットで検索するだろう」
ということで、このブログを立ち上げてくれたのが前部長。
ものぐさな中村は
「先輩、卒業後もブログの管理お願いしていいですか?」
と丸投げしていたのです。
(つまり前部長が部長をやめたあともずっと書いてくれてた)
まさに外道。

そんな部長の率いるHIMAJINですが、めでたく新入部員を二人迎えることになりました。
ネット経由で連絡してくださったそうで、
これは本当に前部長のおかげです。
ぶっちゃけた話現役で活動できる部員がわたししかいなかったので、
いつにもまして喜ばしいことです。

そうしてはじめての後輩と手探りで文芸部している内に、
「この日々の活動を伝えられるのは現役部員だけじゃないか」とはたと気づき。
改心した中村はブログに参加しようと思ったそうな。
めでたしめでたし。


そんな中村の頼れる先輩とかわいい後輩を引きあわせるべく、
明日は顔合わせお茶会をします。
インドでノリで買ったお紅茶を持って行きます。
楽しみです。

大阪大学外国語学部文芸部

箕面キャンパスサークル棟三階、上がって右二番目の部屋で主に月火水木の昼休み活動しています。サークル棟は各室鍵がかかっているので上記以外の時間に見学希望の人は下記の連絡先に一報されたし。
連絡先:himajin2020mino[at]gmail.com
公式ツイッター:https://twitter.com/HIMAJIN2559
BBS:https://6240.teacup.com/momiji_himajin04/bbs